横浜市戸塚区 眼科 トツカーナ 戸塚駅前鈴木眼科

レーザー手術

レーザー手術について

糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜剥離裂孔、緑内障など手術が必要な場合に多く使われます。
レーザー手術の特徴としては、切らないので、外来での治療が可能です。

レーザー手術が必要な主な病気

●糖尿病

糖尿病は、血液が高血糖によって血管がつまったり、弱くなってきます。網膜に十分な酸素が供給されず、新生血管ができたり、出血をしてしまったりして、視力が低下し、末期には網膜が剥離してしまう場合があります。 レーザー手術は、新生血管を焼き、網膜症の進度を遅らせます。

●緑内障

緑内障の手術は現状維持が目的です。緑内障は、視野に欠損が出てくるものです。一度欠損を生じてしまうと、それを機能回復することはできません。40歳以上の方は、緑内障検診をお勧めします。

緑内障について

病状

眼球内の圧力(眼圧)が上がることにより視神経が損傷し、これにより視野狭窄をきたす病気です。または眼圧は正常であるにもかかわらず、視神経が損傷し、視野に欠損がみられる病気です。日本人の40歳以上の17人に1人の割合で患者がいると推測されています。

初期:
一部視野に欠損がおきます

中期:
視野に欠損が広がります

末期:
視野に欠損がさらに広がり
一部しか見えなくなります

原因

緑内障の定義は、「何らかの原因で視神経が損傷し、それにより視野に欠損が生じた状態」で、視神経損傷の原因は、眼圧が通常よりも上昇することにより視神経乳頭が陥没し、それにより視神経への血液の運搬が物理的に圧迫阻害され、神経細胞が死滅することによるとされています。しかし、正常な眼圧であっても視野に欠損がみられる場合があり、これは正常眼圧緑内障といいます。この場合も視神経乳頭に陥没がみられます。

戸塚鈴木眼科 HOME診療のご案内院長ご挨拶 院内のご案内目の病気について目の病気Q&A白内障手術加齢黄斑変性症の診断と治療レーザー手術